FC2ブログ

やさしい気持ち

雑多なもの。気になったもの。思いついたもの。

夜の自動販売機

  1. 2008/06/02(月) 21:45:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
やっぱりあの時、面倒くさがらずに車を出してコンビニまで行けばよかったんだ。

まさかこんな恐怖を味わう事になるなんて・・・。

**************************************************************

お風呂に入る前から、なんだか喉が渇いていた。
「ジュース買いに行こうよー」
私はだんなさんに何度か言っていた。
が、あまり乗り気でないようだった。
かといって、一人で行くのはちょっと寂しい気がするし、「まぁいっか」と思い、そのままお風呂に入ったのだった。

「ジュース買いに行く?」
お風呂から出てきただんなさんが言った。
どうやら、ようやく喉が渇いたらしい。
「うん!どこに?」
「近くの自販機でいいら」
ということで、私は財布だけを持って、先に玄関を出ただんなをおった。

「寒いねー」
なんて、かわいらしい会話をしつつ、暗い夜道を二人で歩いた。
2、3分も歩くと、遠くの暗闇の中にぽつんと光った自動販売機が目に入ってきた。

「何を買おうかなー。炭酸かなー、オレンジジュースかなー、それともコーヒー?」
なんて、ちょっとわくわくした気持ちで自動販売機に近づいた。
その瞬間、



私は恐怖で叫びそうになった。

それは・・・。

*************************************************************
続きを読む
スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY