やさしい気持ち

雑多なもの。気になったもの。思いついたもの。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館/連城三紀彦

  1. 2009/07/30(木) 23:20:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
ブログにアップしていかないと、自分が何を読んだか忘れてしまう・・・。

ということで自分のために日記にするんだけど、今回は「連城三紀彦」さんの本。



夏の最後の薔薇

電車の中で突然、高価な花束を渡してきた、見知らぬ年下の男の真意は? 表題作など様々な恋模様を鮮やかに切り取った十二の短篇



嘘は罪

「あなた、この着物要らない?」高校時代からの親友の言葉には続きがあった。「この着物を着てある女に逢ってほしいの」そして―。奥さんにしたいナンバーワンといわれた女の、その実は?からみあう愛と憎悪の中で、予期せぬ結末が待つ十二の物語。



夜のない窓

妻と別れる方法は離婚だけではない。情事を仕向け、妻を追いつめ自殺へ導く男の心理(「夜のない窓」)。別れた女が自分の親友と結婚する一週間前に、「もうひと晩、今夜だけ」といってきた。その夜の三人それぞれの思惑(「今夜だけ」)。ほかに「午後だけの島」「山雀」、男と女の間の奇妙な心模様を描く作品集。



愛情の限界

結婚式を12時間後に控えた杏子は、過去と訣別するために男とベッドにいた。男―佐上は、杏子の胸に爪でSの字を刻んだ。挙式直後から杏子を翻弄する異常な出来事。そして「理想の夫」構一の不可解な言動に罠の匂いを感じ取った杏子は、「幸せ」を守るために決然と立ち向かっていったが、逆に…。彼女が最後に信じたものは何か?サスペンスフルな恋愛小説。

と、4冊読みましたー。
上3冊は短編。
一番最後のは長編。
まぁ、どれももう売ってはないみたい?
図書館って便利ー

でも、私の記憶力は・・・。
タイトルと説明文を読まないと思い出せない(T_T)
一番最近が一番下の長編のやつだから、これが一番覚えているだけ。
さらさらと読めるけど、どろどろしてるかも?
最後は意味がわからーんってなったりして。
でもついつい読み進めてしまった。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館(最後のパレード)

  1. 2009/07/08(水) 20:42:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6


最後のパレード

図書館に他の予約してあった本を受け取りに行ったら、この本もちょうど準備が出来てて借りることが出来ました。
しかも、車に乗って助手席にひょいって置いて、信号待ちでちょっと本を読もうかなと何気なく見たらあったのです(笑)
それまでまったく気づかず!
あらびっくり。

なぜびっくりかと言うと、予約したのが3月くらいだったから!
それが今ようやく借りることが出来たのです。
でも、まだまだ借りられない本があるのだー。
いつ借りれるんだろう?

さて、この本はディズニーランドの話の本です。
ディズニーにはまったく興味は無いけど、ちょっと世間をにぎわした本だったので読んでみたくて借りたのです。
話は短編でさらっとあっという間に読めちゃいました。
うそ臭いと思いつつ泣いちゃったりして。

そして、私もディズニー行きたーい、なんて策略にもまんまとはまりました(笑)
だんなさんは昔よくディズニーに行っていたようだけど、私が全く興味が無いので一緒に行ったのは1回だけ。
でも今なら高速も安くなってるし(その分ガソリンがまた値上げ・・・?)、行ってみてもいいかも、って思っちゃいました。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


道端に

  1. 2009/07/05(日) 22:36:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
土曜日、おでかけしようと思い車を走らせたら・・・
何かが道の真ん中に落ちている。

P7049924-2.jpg

石?

P7049925-2.jpg

ん?
違う・・・

P7049928-2.jpg

それは亀!!

P7049927-2.jpg

びっくり!!
でも、よくあることなのだ。
毎回見るってわけではないけれど、こうやって道の真ん中に亀がいることがある。
しかも、おっきい。
何処から来て、何処へ行こうとしてたんだろう?
続きを読む


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。