やさしい気持ち

雑多なもの。気になったもの。思いついたもの。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた/(あたしンち・けらえいこ)

  1. 2009/08/30(日) 20:44:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


あたしンち

『あたしンち』は、高校生のみかん、中学生の弟ユズヒコ、無口な父、ユニークな母、そんなタチバナ家を中心にくりひろげられる物語。
そこには、平凡にみえて、じつは貴重な“日々のしあわせ”がいっぱい。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/(永遠の途中・唯川恵)

  1. 2009/08/29(土) 17:50:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


永遠の途中
広告代理店に勤務する薫と乃梨子は、同期入社。仲はよいが相手と自分を比べずにいられない微妙な関係。どちらも、同僚の郁夫に恋心を抱いていたが、ささやかな駆け引きの後、薫が郁夫と結婚して主婦に。乃梨子は独身でキャリアを積み続ける。歳月は流れ、対照的な人生を歩みつつも、相手の生き方を羨んでしまうふたり…。揺れる女性の心をリアルに描く長編小説。
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/(英雄の書 上下・宮部みゆき)

  1. 2009/08/29(土) 17:44:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


英雄の書(上)
お兄ちゃんが人を刺すなんて・・・。<英雄>に取り憑かれた兄を救うため友理子は物語の世界へと旅立った。



英雄の書(下)
旅の一行は咎人の地をさまよい歩く。
ついに<英雄> を前にしたそのとき、友理子はおぞましい真実を知る・・・。兄の行方は?英雄の書は!?

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/ハリポタ

  1. 2009/08/19(水) 22:35:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
この間、映画の「ハリーポッターと謎のプリンス」を見てきました。

で、そういえば本を読んでいないなと思い、図書館で借りました!
ついでに最終巻も。

謎のプリンスは本を読んでよかったなー。
だって、映画ははしょりすぎなんだもん!
本とはびみょーに内容が違うし・・・。
本のまま映画になったら長いだろうけど。

で、映画の最終章は2つになるらしい。
楽しみだけど、2本に分かれるのかー。
長そうだなー。



ハリーポッターシリーズ第7巻 「ハリーポッターと死の秘宝」 上下セット   【daily★0822】...

最終巻もおもしろかった!
図書館で借りたので、返却期間までにと必死に読みました(笑)
本を読んでから映画を見るのも楽しみだー。
どこまで忠実にやるのかなー?

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/(告白・湊かなえ)

  1. 2009/08/05(水) 22:43:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


告白

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。第29回小説推理新人賞受賞作。

*****************************************************

この本は3月くらいに図書館で予約していた本です。
ようやく借りることが出来ました。

2009年本屋大賞に選ばれた本です。
それを知る前からかりたかったんだよー。

これも、語り手が変わるのですが、また違う感じでおもしろかったです。
理不尽な話や、そういった腹が立つこともあったけど、ストーリー的にもおもしろかったです。
これまた最後に謎が残るのですが(T_T)
「その返事はどうだったのー?!」
って。
私は女性教師の語り口調があまり好きじゃなかったなぁ。
最後はちょっとすっきりしたけど。
綺麗事じゃない終わり方がよかったな。

この作者の方は、これがデビュー作なんですねー。
他の本も読んでみようかな?

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/(ゆれる・西川美和)

  1. 2009/08/05(水) 22:33:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


ゆれる

東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。

*********************************

映画化にもなったようです。
こんどビデオ借りてみるかなー。

章ごとに語り手がかわります。
結局最後はどっちがほんとなの?
って感じだったけど、語り手が変わるのはおもしろかったな。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。