やさしい気持ち

雑多なもの。気になったもの。思いついたもの。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドメイド/巾着とティッシュケース

  1. 2009/09/29(火) 18:01:20|
  2. Hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P9270025-2.jpg

レースがあまったので、捨てるのももったいなく思い、巾着に使ってみた。
リボンは前にプレゼントをもらったときに使われていたもの。
可愛くてとっておいたのだ。

P9270027-2.jpg

ティッシュケースも、本当はもっと手の込んだものを作りたかったけど、まずはオーソドックスにやってみようと持って、超簡単な方法でつくってみた。
だいたいの感じがつかめたら、もっとレースとか使って可愛いのを作ろうと思う。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用


ハンドメイド/しゅしゅ その3

  1. 2009/09/28(月) 17:56:43|
  2. Hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ハンドメイド しゅしゅの第三弾!
これまたハンカチから。
今度は母さんがつけれるように、シックな色合いのハンカチを選んで作成。
夕方に写真を撮ったから、ちょっとぼけたけど、撮り直さず(>_<)

P9270022-2.jpg

ひっくり返すと・・・。

P9270023-2.jpg

白の色が多めになります。
もっと手の込んだものにしたかったけど、それは徐々にすることにしよう・・・。

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用


図書館/(七つの海を照らす星・七河迦南)

  1. 2009/09/27(日) 17:19:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


七つの海を照らす星

様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


ハンドメイド/しゅしゅ その2

  1. 2009/09/26(土) 18:19:32|
  2. Hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P9240010-2.jpg

元はハンカチ。
ハンカチってもらったりするのか、家にたくさんありません?
可愛いのもあるし、可愛くないのもある。

P9240006-2.jpg

ということで、レースが可愛く付いていたハンカチをばらして、しゅしゅにしてみた。
派手過ぎて、母には「使えない」と言われたけどね・・・。
続きを読む

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用


やる気の波

  1. 2009/09/24(木) 19:20:32|
  2. Hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
やる気というのは「波」があって、仕事中とかによく「あれを作りたい!」って思うのですが、いざ自宅へ帰るとやる気というのはなくなるものである。

しかーし、今回はちょっとした「波」が来て、作ってみた。

P9230005-2.jpg

今さらだけど、しゅしゅ

ちょうど家に色違いの端切れが4枚あったので、作ってみましたー。
この柄が好きで捨てるの勿体なくて端切れをとっておいたんだけど、ほんととっておいてよかったー♪
続きを読む

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用


おすすめスウィーツ

  1. 2009/09/23(水) 18:47:36|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
私は甘いものが大好き♪
特に洋菓子が好きなんだけど、よくネットでいろんなお菓子をみては注文してました。
しかし、だいたいが1回限り。
その私がはまったのがこのお店!

イルローザ

ここのフィナンシェが超美味しい!



挽きたてアーモンドのフィナンシェ10個入り【ご自宅用】【簡易袋入り】

**************************************************************

甘みのある南仏プロヴァンス産のアーモンドとビターで香り高いスペイン産のアーモンドを独自にブレンド。アーモンドプードル(粉)を使用するのではなく、工房で焼く直前に挽いたアーモンドを使用しているから香ばしさが生きています。

**************************************************************

近所のケーキ屋さんや、コンビニとかでも買うんだけど、違うの!
歯ごたえがいい!
外はかりっと、中はしっとりと。
これははまったわー。
何回かこっそり自分用にリピートしてます。
前は、1個からの注文も出来たんだけど、今は出来ないのかなぁ?

あと、



【送料無料】契約農家の鳴門金時を使ったスイートポテト「陽あたりポテト」8個入(リンゴ4個、...

*****************************************************

契約農家で栽培される鳴門金時は大自然の恵みがいっぱいつまった一品です。その鳴門金時と牛乳、バター、卵黄などをまぜ合わせしっとり焼き上げたお菓子は鳴門金時そのままの味を堪能できます!

*****************************************************

さつまいもも大好きな私。
最初はこの日当たりポテトを目当てに買ったんだよねー。
で、このスイートポテトもびっくり!
うまい!

ほかにも数種類買って食べたけど、どれも美味い。

----結論----

ここのお店はどれも美味しいです!!

テーマ:お取り寄せスイーツ - ジャンル:グルメ


図書館/(夢でなければ・マルク レヴィ)

  1. 2009/09/22(火) 23:39:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


夢でなければ

ゴールデンゲート・ブリッジを望むサンフランシスコのアパートに移り住んだ建築家の青年アーサーは、入浴中クロゼットから歌声がするのを聞いた。クロゼットを開けると、そこには若い女性がいた。驚くアーサーに、その女性は説明した。彼女の名はローレン。病院の研修医で、この部屋の住人だったが、自動車事故を起こして、自分の「本体」は病院で数ヵ月前から昏睡状態にあるという。つまり、今ここにいるのは「本体」から脱け出た幽霊だというのだ。たしかにローレンの姿はアーサー以外の誰にも見えず、声も聞こえなかった。やがてローレンの話を信じるようになったアーサーは、彼女を救いたいと考えはじめる。だが、そんな彼に難問が。ローレンが安楽死させられることになったのだ。アーサーは周到な計画を立てて彼女の「本体」を病院から盗み出すことに成功、子供時代を過ごした田舎の家に隠れることになった。そこでいっしょに暮らすうちに、二人の間にいつしか愛が芽生えてきた。だが、この奇妙な状態がいつまで続くか保証はなかった。しかも、警察が捜査をすすめ、二人のもとに迫っていた…。
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


焼肉のたれ

  1. 2009/09/18(金) 16:16:39|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P9160007-2.jpg

イチゴジャム?
と思いきや、中は焼肉のたれ。

P9160006-2.jpg

作ったのだー!
梨で。
母さんにも好評♪
続きを読む

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ


煮込みハンバーグ

  1. 2009/09/16(水) 23:09:46|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P9140125-2.jpg

結婚する前はハンバーグと言ったら「焼き」しかしなかったんだけど、結婚してからはたまに「煮込み」をするようになりました。
それは、だんなさんの実家で作るのが煮込みハンバーグだったからです。
こうやって、家庭の味がいろいろと作られていくんですねー。

続きを読む

テーマ:☆我が家の晩御飯☆ - ジャンル:グルメ


DVD/容疑者Xの献身

  1. 2009/09/15(火) 23:08:34|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


容疑者Xの献身

発見された男性の死体は顔がつぶされ、指を焼かれていた。死因は絞殺。身元は富樫慎二(無職)であることが判明。貝塚北警察署の刑事・内海 薫(柴咲コウ)は捜査に乗り出す。富樫の別れた妻、花岡靖子(松雪泰子)のアリバイを確認していたある日、その隣人が湯川と同じ帝都大出身であることを内海は知る。隣人の名は、石神哲哉(堤 真一)。高校で数学教師をしている。物理学者・湯川 学(福山雅治)にとって「僕の知る限り、本物の天才」と評する男だ。内海から事件の相談を受けた湯川は、天才的頭脳の持ち主ゆえに、かつて唯一理解し合うことが出来た“親友”が事件のウラにいるのではないかと推理する・・・。虚言、盲点、心理戦、ブラフ、様々なトリックが複雑に絡まった天才数学者が仕掛けた難問に「探偵ガリレオ」が挑む!!
続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


図書館/(「スカイ クロラ」シリーズ・森博嗣)

  1. 2009/09/15(火) 11:57:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


スカイ・クロラ

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供―戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。



ナ・バ・テア

信じる神を持たず、メカニックと操縦桿を握る自分の腕だけを信じて、戦闘機乗りを職業に、戦争を日常に生きる子供たち。地上を厭い、空でしか笑えない「僕」は、飛ぶために生まれてきたんだ―大人になってしまった「彼」と、子供のまま永遠を生きる「僕」が紡ぐ物語。森博嗣の新境地、待望のシリーズ第二作。



ダウン・ツ・ヘヴン

子供はみんな、空を飛ぶ夢を見るのだ。飛べるようになるまで、あるいは、飛べないと諦めるまで―戦闘機に乗ることに至上の喜びを感じる草薙だが、戦闘中に負傷し入院、空を飛べぬ鬱屈した日を過ごすことに。組織に守られる存在となりつつある自分になじめないままに。そしてある日「少年」に出会う。



フラッタ・リンツ・ライフ

ずっと二人で空を飛んでいても、決して触れることはない。彼女の手を、彼女の頬を、僕の手が触れることはない―「僕」は濁った地上を離れ、永遠を生きる子供。上司の草薙と戦闘機で空を駆け、墜ちた同僚の恋人相良を訪ね、フーコのもとに通う日々。「スカイ・クロラ」シリーズ急展開。



クレィドゥ・ザ・スカイ

今だけがあって、それだけを考えていられたら良いのに。未来だって、せいぜい明日か明後日くらいしかなければ良いのに―「僕」は病院を抜け出し「彼女」の車で地上を逃げる。二度と空には、戦闘機には戻れないと予感しながら。永遠の時を生きる子供たちを描く、現代の寓話「スカイ・クロラ」シリーズ。



スカイ・イクリプス

空で、地上で、海で。「彼ら」は「スカイ・クロラ」の世界で生き続ける。憧れ、望み、求め、諦めながら─。さまざまな登場人物によって織りなされる八つの物語は、この世界に満ちた謎を解く鍵となる。永遠の子供、クサナギ・スイトを巡る大人気シリーズ、最初で最後の短編集。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


図書館/(左岸・江國香織/右岸・辻仁成)

  1. 2009/09/13(日) 23:25:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


左岸

福岡で隣同士に住んでいた茉莉と九―。踊ることと兄が大好きな茉莉は17歳で駆け落ちし、同棲、結婚、出産を経験する。数々の男と別れても、いつもどこかに、影のような九がいて…。江國香織と辻仁成の奏でる二重奏ふたたび。夢を信じることができるあなたに贈る柔らかな幸せの物語。



右岸

福岡で隣同士に住んでいた九と茉莉―。不思議な力を授かりながら、人を救うことができず苦しむ九。放浪の後、パリで最愛の女性・ネネに出会うが、いつも心の片隅には茉莉がいて…。辻仁成と江國香織の奏でる二重奏ふたたび。愛を信じることができるあなたに贈る大きな希望の物語。 続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


焼肉パーティー

  1. 2009/09/13(日) 20:11:21|
  2. バスケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
昨日、バスケの仲間と焼肉パーティーをしました。
毎年、数回行われるんだけど、超美味しい肉が安く食べられるということもあり、だいたい15人前後が集まります。

しかも、体育会系だからか食べる量も飲む量も多い!
そしてぴちぴちの20代前半の子は良く食べる!
今回、初参加の友達もいましたが、これまたよく飲むし、よく食べるのだ。
その飲みっぷり、食べっぷりに、太りやすい人たちはうらやましがってましたー
(私もね)

今回は、仕事の都合で10月からバスケにこれなくなるというので、最後にみんなで集まろうってことになって行われました。
初参加で最後の出席!?

今度は冬に鍋をやる予定なので、そのときはぜひ!帰ってきて参加してちょー。

続きを読む

図書館/(永遠の七日間・マルク・レヴィ)

  1. 2009/09/04(金) 19:54:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0


永遠の七日間

嘘を知らない女と真実を語らぬ男。二人の出逢いは、神の誤算か、それとも悪魔のたくらみか?めぐり逢いという名の幕がいま開く。
フランスNo.1恋愛作家が紡ぐ、極上ラブ・ストーリー待望の邦訳。彼のこれまでの作品は、全世界で累計1,600万部突破し、39カ国で翻訳されている。
サンフランシスコの港湾で働くゾフィアは、仕事でちょっとした衝突はありつつも、忙しく、充実した日々を過ごしていた。彼女と関わり合うと、みな優しい気持ちになるので、友人、仕事仲間からも慕われている存在であり、容姿の美しさも手伝って港湾のちょっとした有名人だ。ある日、港湾の仲間たちのなかば食堂と化したレストランで、ルーカスというひとりの男性と出会う。ウエイトレスの友人・マチルダは、ひと目見ただけで彼に惹かれてしまう。しかし、ゾフィアは、なぜか「この人に近づいてはダメ」と本能のようなものが自分に訴えかけてくるのを感じるのだった……。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。