やさしい気持ち

雑多なもの。気になったもの。思いついたもの。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館/ミレニアム3(上下)スティーグ・ラーソン

  1. 2012/04/21(土) 17:56:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
【送料無料】ミレニアム(3 〔上〕)

【送料無料】ミレニアム(3 〔上〕)
価格:1,700円(税込、送料別)



世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ三部作、ついに完結!

宿敵ザラチェンコと対決したリスベットは、相手に重傷を負わせたものの、自らも傷つき、瀕死の状態に陥ってしまった。現場に駆けつけたミカエルの手配で、リスベットとザラチェンコは病院に送られ、一命を取りとめる。
だが、彼女を拉致した金髪の巨人は逃走してしまう。この事件は、公安警察の特別分析班の元班長グルベリに衝撃を与えた。特別分析班は、政府でも知る人の少ない秘密の組織で、ソ連のスパイだったザラチェンコの亡命を極秘裡に受け入れ、彼を匿ってきた。
今回の事件がきっかけでそれが明るみに出れば、特別分析班は糾弾されることになるからだ。グルベリは班のメンバーを集め、秘密を守るための計画を立案する。その中には、リスベットの口を封じる卑劣な方策も含まれていた……


【送料無料】ミレニアム(3 〔下〕)

【送料無料】ミレニアム(3 〔下〕)
価格:1,700円(税込、送料別)



重大な秘密を守るため、暗躍する闇の組織。リスベットと仲間たちの最後の闘いが始まる!

リスベットは回復しつつあったが、様々ないわれのない罪を着せられていた。リスベットを守るためミカエルは、彼女の弁護士になった妹のアニカ、警備会社の社長アルマンスキー、彼女の元後見人パルムグレンらを集めて、行動を開始する。
だが、特別分析班は、班の秘密に関与する者たちの抹殺を始めた。さらに彼らの過去の悪事を露見させる書類をミカエルたちから取り戻すべく、強硬策に出る。
一方ミカエルは、病院内にいるリスベットと密かに連絡を取ることに成功、必要な情報を彼女から得ようとする。そして、特別分析班の実態を暴く捜査を開始した公安警察と手を組み、巨大な陰謀を解明しようとする。やがて、リスベットの裁判が始まり、特別分析班に操られた検事とアニカ、リスベットが法廷で白熱の闘いを繰り広げる!


読みました!!
読んじゃいました!!

これが、あの映画の続きで完結編か~。
おもしろかったけど、私の期待していたラストではなかった・・・。

えー?

って。
物語自体はおもしろい。
派手なアクションとかがあるのではなく、静かな流れなんだけど、早く早くって感じで読みすすんじゃいました。けどなー、ラストがなー。

2人の関係が納得いかん!
3巻から出た人がどうしてミカエルとひっついちゃうの?
そこに深い感情が芽生えたのが読んでいても理解できないんだもん。
そんな描写あったか?
共感できないっていうか。

これ、全部映画化になるのかな?
やっぱならないかな。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


<<12月のまだら | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。